アキレステクノロジー

  • フラップモールドの効用・エンドコーンのこだわり
  • デッキ・船底構造へのこだわり
  • 隔膜構造について
  • アキレスボート素材へのこだわり
  • パーツへのこだわり
  • 船外機のご案内

アキレスボートの素材へのこだわり

アキレスではゴム・PVC(塩化ビニール)の強度を保つ繊維にもこだわりを持っています。dtexとは、1万mの長さの糸の重さ(グラム)を表します。数値が大きい程、糸の太さ・強度が増しますが、重さも増します。 また、ナイロン素材は柔軟性に優れ、ポリエステル素材は剛性に優れています。どれだけ太い繊維を使用しても鋭利なものに接触すれば破れることはあります。そこでアキレスは1100dtexにとらわれずにコンセプト・お客様のニーズに合わせた適切な繊維を選択することを重視しています。 そして、素材へのこだわりから独自の保証期間と無償修理の体制を設けているのです。 ※注意、比重の異なる糸の単純な比較はできません。 例)ナイロン924dtex≒ポリエステル1100dtex、ナイロン462dtex≒ポリエステル550dtex

  • CSMゴム(国産)

    インフレータブルボートで最高級のアキレス独自のゴム素材。長持ちで耐気温変化、耐油性、耐候性に優れています。ポリエステルとの組み合わせで高剛性の生地になり、ナイロンとの組み合わせで柔軟性のある生地になります。

    屋外環境下での高い耐久性があり、ボート素材として最適。レジャー用からヘビーデューティモデルまで採用。

  • エコストロン(EPDM・国産)

    CSM同様のゴム素材のため、気温を問わず一定のしなやかさがあります。
    軽量でコンパクトに折りたたみが可能のため、運搬性に優れています。現在ナイロンとの組み合わせで展開しています。

    焼却時のダイオキシン発生が少なく環境に配慮した、アキレス製のインフレータブルボート専用素材。

  • PVC

    加工が簡単でコストパフォーマンスに優れた材質。耐摩耗性に優れ、気温変化により夏は柔らかく、冬は硬くなる特性があります。
    現在ポリエステルとの組み合わせで展開しています。

    広く普及している素材。インフレータブルボート用の要件を満たしながらコストパフォーマンスに優れている。

  • ナイロン

    伸縮性があり、柔らかい乗り心地を作り出します。ポリエステルに比べ比重が軽いため、軽量&コンパクトなボートに採用しています。

  • ポリエステル

    伸縮性が少なく、硬く剛性のある生地を作り出します。ナイロンに比べ比重があるため、高馬力のボートに採用しています。